オンラインカジノの定番でもあるポーカーのルールとその魅力

オンラインカジノの定番でもあるポーカーのルールとその魅力

ポーカーは、昔からカジノの定番として有名なカードゲームですが、オンラインカジノとしても人気です。ポーカーは単純な役の強さの他に、手ごろな平和の理性戦を勝ち抜く力も求められますが、ルールそれ自体はそれほど難しいはありません。今度は、オンラインカジノにおいても定番となっているポーカーのルールをわかりやすく紹介します。

ボーナスでベラジョンカジノでポーカーを試してみてください。

ポーカーの基本的なロールと特徴

一般的には、ジョーカーを除いた52枚のトランプを使用し、配された手札のカードを任意の数差し替えることにより、決められた役割になります。プレイヤーは1回のゲームで数回、ポーカーチップ(現金から交換したチップ、賭け金)をベット(賭ける)し、最終的に勝ったプレイヤーがその場の賭け金全てを獲得することができます。

ポーカーに共通のルールは2つ

ポーカーの歴史は長く、様々な種類があり、バリエーション豊富なポーカーが世界中で親しまれています。

ルールが少しずつ異なる多くのポーカーゲームが世界に存在しますが、「5枚のカードを使って役を作ること」と、「強い役ができなくても相手をゲームから降ろすことができれば勝ちこの2点に関しては、ほぼ全部のポーカーに共通のルールとなっています。

特に遅れは、弱い役でも大きく賭けたい、強い役であるのように振舞うことで、相手をゲームする(降ろす)ので、ハタリの要素が大きく、心理戦を求めます。最大の魅力であり、ただ強い役を競い合うだけではない、奥深いゲームとなっているところです。

役割も概ね共通であり、主要なものとしては、スライドカード(5枚のうち同じ数字が3枚)、フラッシュ(5枚すべてのマークが同じ)、フルハウス(5枚のうち同じ数字が3枚、同じ数字が2枚の組み合わせ)、ロイヤルストレートフレッシュ(10・J・Q・K・Aですべて同じマーク)などがあります。

ポーカーのゲームの流れと、主な種類

ポーカーには様々な種類がありますので、ルールにより流れは違いますが、先述の通り、根幹となるロールは同じです。ポーカーの中でも最も人気のある「テキスタイルアイテム」の基本的な流れを説明しますます。

ポーカー(テキサスホールデム)の主な流れ

テキサスホールデムの場合、それれのプレイヤーのみが使える手札は2枚のみで、それとは別にプレイヤー全員が使える場札が5枚あり、合計7枚の中から最善手である5枚を選んで、その役の強さを競うポーカーです。

テキサスホールデムでは、4回のラウンドに分けて進行して行きます。第1ラウンド(プリフロップ)は「手札が2枚配られた状態」で、この時点でチップを賭ける(ベット)かゲームを下げる(フォードした時でそのゲームでの負けが確定します。フォード)かを選びます。

第2ラウンド(フロップ)はディーラーによってフィールド札が3枚表向きにされています。第3ラウンド(ターン)はさらにフィールド札が増えて4枚、第4ラウンド(ロビー)はフィールド札が5枚出、単分しわからない手札2枚と、それれらのラウンドで表向きになる場札を見て、ラウンドごとに賭けるか降りるかを選択して行く形となります。

ゲームを降りないで勝負に出る場合、各ラウンドで「コール」「レイズ」を行うことができます。「コール」はその場に賭けられているチップの額に合わせて賭けることができる、「レイズ」 』はその場に賭けられている額からさらに上乗せしてチップを賭けることができます。

まとめ

ポーカーの根幹となる2つのルール、代表的なゲームの流れを見てきました。ポーカーはギャンブルとしても、カードゲームということも広く親しまれています。ルールの違いによっては多種多様な楽しみ方になります。ポーカーはオンラインカジノでも親しまれているので、ポーカーをやってみたいという人は、まだはオンラインポーカーから始めてみてはどうか。。魅力的なと言うでしょう。

Back to Top